あおば講座

  • 初めての相談
  • ご利用の流れ
  • 外来
  • 診療
  • 個別療法
  • グループ療育
  • 児童発達支援/医療型児童発達支援

あおば講座

あおばをご利用の方は、
あおば講座にご参加いただくことができます
日程や詳細は下記をご覧ください

平成25年度 あおば講座

※いずれも時間は10:30~12:00です

  タイトル
講 師 対象年齢
(主な
対象年齢)
開催日 申込期間 担当者
1 pdf保育園・幼稚園と うまくやっていくために
ソーシャルワーカー
七五三野暁美
未就学 5月28日
(月)
4月2日(月)
~5月21日(月)
ST:佐々木
こだち:飯島
SW:渡辺
幼稚園や保育園、小学校は集団生活の場です。
その中で、「ちょっと一声かけてもらいたい」「様子を見てほしい」と思っても、なかなか言い出せなかったり、 思い切って伝えたのに、手ごたえが感じられなかったりと、先生方とのコミュニケーションを難しいと感じている方はいませんか。 先生方とやり取りすることの多いソーシャルワーカーから、連携するうえで大切にしていることをお伝えします。 「もっと先生とコミュニケーションをとりたいな」「でも、どこから手をつけていいか分からない・・・」そんな方は、ぜひご参加ください。
2 pdf小学校入学準備講座
臨床心理士
松浦優子 
年長 6月12日
(火)
4月2日(月)
~6月5日(火)
心理:平木
PT:小島
SW:森田
「一般級では、ちょっとした配慮やサポートってどこまでお願いできるの?」「個別支援学級って、どんなところ?」 「通級による指導って、授業を抜けてまで通うことを考えるべきなのかな?」
一般級の状況を中心に、個別支援学級や通級による指導も含め、小学校の現状、先生方との連携についてお話します。 なお、5月に予定されている就学説明会のお話を踏まえた内容となりますので、そちらにもぜひご参加ください。

*通園保護者勉強会(年長向け)でも重複する内容のお話を予定しています。

3 pdfことばの芽生える時期のお子さんのへの関わり方
言語聴覚士
浅倉洋子
全員 7月9日
(月)
4月2日(月)
~7月2日(月)
心理:井手上
ST:永野
SW:七五三野
そもそもことばってどんなもの?何のためにあるのだろう?
これからことばが出てくるお子さん、ことばの芽生える時期のお子さんのへの関わり方について一緒に考えてみたいと思います。
まだ言葉を発していないお子さんたちも、実は、一生懸命に色々なメッセージを発してくれていて、なのに私たち大人がそれをうまく キャッチできずにいるのかもしれません。伝えたいという思いを引き出し、伝わった喜びを一緒に感じて行くために、 私たちはどういったことに気を付けていけば良いのでしょうか。言語聴覚士がお話しします。

*通園保護者勉強会でも重複する内容のお話を予定しています。

4 pdf 先輩ママのお話
       ~重い身体の障害のある人のグループホームでの生活~
宇高 香与子さん 全員 9月27日
(木)
5月22日(火)
~9月20日(木)
PT:川崎
OT:鴨居
SW:加納
これまでたくさんのご要望をいただいてきた、先輩ママのお話がついに実現しました!
今回お話しいただけるのはグループホームで生活されている重症心身障害のある成人の方の保護者です。
生活のこと、お金のこと、色々あるけれど、離れて暮らすことで、お互いに人生を楽しんでおられます。
お子さんの自立は、保護者にとってはご自身の人生を考える機会にもなったそうです。
当日は質疑応答の時間も設ける予定です。この機会に、卒業後の生活について一緒に考えてみませんか?
5 pdf福祉の視点から思春期前の親子の関係を考える
横浜市あんしん
マネジャー
瀧澤久美子先生
学童
(小1~)
10月29日
(月)
6月6日(水)
~10月22日(月)
心理:小島
ST:入江
SW:大久保
横浜で長年、多くの子どもたちやそのご家族が地域で暮らすためのサポートをされてきた講師より、生活・福祉の視点から、 障害のある子どもの思春期をどう考えていけば良いのかについてお話いただきます。
子どもたちが安定して地域で社会生活をおくるために、学齢期に大切にしたいことはどんなことでしょうか。
家庭での役割、金銭管理、趣味や余暇、社会的マナー、性のこと・・・。
心身が大きく変化する時期を迎えるとき、親子の関係をどうシフトチェンジしていけば良いのか、一緒に考えてみませんか。
6 pdf 発達障害を知ろう
     ~お子さんと楽しく生活するために~   前編
pdf 発達障害を知ろう
     ~お子さんと楽しく生活するために~   後編
医師
吉田友子先生
全員 11月16日
(金)
7月3日(火)
~11月9日(金)
※2回連続講座での申し込みになります。
心理:松浦
心理:梁島
SW:栗原
12月14日
(金)
心理:松浦
心理:大屋敷
SW:榎本
自閉症スペクトラム、広汎性発達障害、アスペルガー、LD(学習障害)、ADHD…。
「発達障害って色々あるみたいだけどよく分からない」
「本を読んでみたけど、当てはまるところと違うところがあって、どう考えたら良いのか迷う」
そんな方にお勧めの講座です。
もちろん、
「以前にも聞いたことがあるけど、もう一度聞いて、自分の子育てを振り返りたい!」
そんな参加も大歓迎です。
お子さんとの生活をもっと楽しくしていくためのヒントが見つかるかもしれません。
大切なことなので、今年は11月・12月の2回に分けて、じっくり、連続講座としてお話いただくことになりました。
2日とも参加できる方、振るってご参加ください!
7 pdf 発達障害を知ろう
     ~思春期を迎える前に~
医師
吉田友子先生
学童
(小1~)
1月18日
(金)
6回目の講座を受講した際に申込用紙をお渡しします。 OT:堀口
こだち:浅川
SW:武田
第6回の講座の内容を踏まえ、引き続き児童精神科医吉田友子先生より、医療の観点から、発達障害のお子さんたちの 思春期に向けて知っておけると良いことについてお話しいただきます。
思春期には、客観的な視点が身についてきます。また、対人関係が広がり複雑になっていきます。
本人が周りとの違いに気づき始め「自分」というものに向き合うそんな時期に、私たち大人には何ができるのかについても、 教えていただこうと思います。

*6回目の講座「発達障害を知ろう」(11・12月開催)の講座を受講された方のみ、申込み可能です

申込方法

以下の二つの方法でお申し込み可能です

メールフォーム
こちらのボタンを押すと申し込みフォームに進みます。お申し込みはこちらから

※返信メールが自動配信されますので、ご確認ください。

申込み用紙
申込み用紙にご記入の上、郵送もしくは1階カウンターのポストにご提出ください。
用紙は3階待合室(耳鼻科診察室横)2階訓練室前のポスター裏の封筒に入っています。

保育について

対象児:1歳以上  定員:先着5名

【申込み方法】
保育希望者の方は、対象講座申込み開始後に、1階受付にて「あおば講座保育を希望している」旨をお伝えください。定員になり次第締め切ります。
(お電話にてお問い合わせいただくことも可能です)

※3階カウンターではお申込みになれません。

※1歳以上のお子様の講座への入室は出来ません。
講座の保育を利用していただくか、定員が超えている場合は、
外部保育等の利用をお願いします。

講座の対象年齢について

対象年齢のお子さんを想定してお話しいたしますが、それ以外の年齢のお子さんのいらっしゃる保護者の方も、ご参加可能になりました。

ただし、もし定員を超えることがありましたら、対象年齢の方を優先し、お断りさせて頂くこともあるかもしれません。 予めご了承ください。

問い合わせ

療育センターあおば
各担当者まで

電話:978-5112

  • センター長のあいさつ
  • 施設紹介
  • 採用サイト
  • ボランティア募集
  • あおば講座
  • あおば給食レシピ集
  • Q&A
  • 問い合わせ